FC2ブログ
2018
08.17

ウオルマートの売上が10年ぶりで大噴火~株価は10%近い上昇!

ゆきだるまです。

世界最大の小売りウオルマートが5月~7月期決算を発表し株価が大暴騰しています。

【ウオルマート株価】
WMT20180816.png  

既存店の売上高が前年同期比4.5%増で市場予想の2.4%を倍近く上回りました。
特別項目を除いた1株利益は1.29ドルで市場予測の1.22ドルを大幅に上回りました。

売上高の伸び率は過去10年で最大となり、生鮮食品やアパレルの売り上げが堅調でした。ネット販売も40%増と好調でした。純利益はブラジル事業の売却損を計上したため8億6100万ドルの赤字となりましたが、売り上げが好調なため通期見通しを上方修正し、1株利益が4.75~5.00ドルから4.90~5.05ドルに見直されました。

今回の決算と通期見直しでこれまで低調だった老舗企業としての底力が示された形になりました。ウオルマートは連続増配当45年、今回の通期EPSの修正では配当性向42%と株主還元においても十分な余力があります。8月16日のダウ平均株価は1.5%、+379ドル上昇しましたが、そのうちウオルマートは上昇分の約1/6近く寄与しました。

ゆきだるまはウオルマートを個別株では保有していませんが、DIA(ダウ30ETF)の一部としてホールドしているため、ダウ構成企業の業績にも興味・関心を配ることにしています。ウオルマートも当面は安心できそうです。

さて、ウオルマートといえばアマゾンとの関係はどうなのでしょう。

アマゾンは小売り以外にクラウド事業など多角的に収益を上げており全体値での単純な比較はできませんが、それでも両者の傾向は分かると思います。

【売上高】 単位:百万ドル
WMT-AMZN売上高比較 
量的にはウオルマートの圧倒的なシェアを感じます。ウオルマートが前年同期比で大幅増という決算発表がありましたが、大局的にみれば横ばい微増、既に成長が鈍化した安定成熟期に入った企業であることが分かります。一方のアマゾンは販売規模的にはウオルマートを大きく下回るものの確実に数値を伸ばしてきています。

【純利益】 単位:百万ドル
WMT-AMZN純利益比較 
収益性でウオルマートは明らかに下降線をたどっています。一方のアマゾンは上昇基調にあります。2018年の予測値を考慮するとアマゾンは飛躍的な純利益の増加が見込まれています。

【利益率】
WMT-AMZN 利益率比較 
売上高に対する純利益の割合をみてみます。アマゾンは薄利多売のイメージがありましたが一昨年からしっかりと利益を出すようになってきました。利益率ではウオルマートに肉薄しつつあります。

以上の全体的な単純比較から分かることは市場規模はウオールマートが優位であるものの、アマゾンは企業全体での収益体質を高めており小売分野でウオルマートに攻勢をかけやすいポジションが整いつつあるということです。

ウオルマートの強みがリアル店舗での幅広いネットワークを持つこととしても、アマゾンの脅威にさらされていることは確かであり、今後の展開が注視されるところです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top