FC2ブログ
2018
08.22

ペプシコがソーダストリーム社買収~炭酸飲料業界の健康改革

Category: 【KO】CocaCola
ゆきだるまです。

コカ・コーラ株主なので、ライバルペプシコの動きが気になります。

8月21日付の報道で米清涼水大手のペプシコがイスラエルの家庭用炭酸水メーカーの「ソーダストリーム社」を32億ドル(約3536億円)で買収すると発表がありました。ペプシコ社では過去8年間で最大規模の案件となります。

背景は砂糖を使用した清涼飲料水の売り上げが減少しており、急成長しているソーダメーカーを取り込み健康路線の転換を進めるというものです。
ソーダストリーム Source v3(ソース v3) スターターキット
ソーダストリーム社の製品はスーパーの展示販売などでときどきみかけます。本体の売値が1万円~1.5万円くらい、交換用ガスカートリッジを装着してボトルの水に炭酸とシロップを充填するというもの。炭酸の強度や糖分量をコントロールできるため健康志向の炭酸好きの方に人気がある商品です。

ソーダストリーム社は米ナスダックに上場しておりティッカーは、そのまんま「SODA」。世界45か国に8万店の販路を持ち、アフターでの専用ボンベやシロップ購入の取り込みにも成功して売上高・純利益を伸ばしてきています。

【ソーダストリーム社売上高・純利益の推移】
SODA売上・純利益推移 

1株当り現金144ドルで買収することが合意すると株価は一気に上昇しました。

【ソーダストリーム社の株価・週足】
SODA20180821.png 

炭酸飲料は糖分量の多さが近年問題視されており、過去20年の間で消費量が25%ダウン。通常の加糖飲料を角砂糖換算で示すとかなり多いことが分かります。

コーラと角砂糖量 

WHO世界保健機関は2016年に全世界加盟国・地域に向けて「糖分の多い飲料に課税を」呼びかけました。肥満や糖尿病、虫歯を減らすために商品価格の引上げを行政に訴えかけたものとなっています。

全米でもバークレー、フィラデルフィア、サンフランシスコ、シアトルなどの大都市や、メキシコ、フランスでも導入済のところが出始めています。シアトルの課税額は売上の40%にも及びます。

ペプシコはコカ・コーラとともに世界の二大清涼飲料水メーカーであり、各社とも人工甘味料を使用した非糖のダイエットコークなどの商品のラインナップを増やしています。

さらにペプシコはスナック菓子部門の比重を高めており、売上においてスナック菓子53%、清涼飲料水47%に逆転をし、総合的な売上高ではコカ・コーラ社を大きく引き離しています。このあたりが清涼飲料水一本のコカ・コーラと経営方針が分かれるところです。

ペプシコ製品 

今回のペプシコのソーダストリーム買収は、炭酸飲料メーカーの脱砂糖化戦略の一端を示すものであり、昨今では第二のタバコとまでいわれる炭酸飲料メーカーの生き残りを賭けた闘いともいえます。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top