FC2ブログ
2018
09.06

地球の健康を考えて今後は”アブラ(石油)少なめ”で

ゆきだるまです。

台風21号の被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

この夏の猛暑も酷かったですよね。世界的な異常気象が相次ぎ、地球温暖化への心配が募ります。温暖化対策と云えば真っ先に思い浮かぶのが化石燃料から再生エネルギーへの切り替えです。

climate-change-2254711_640.jpg 

化石燃料企業への投資について、ゆきだるまは、エクソン・モービル(米)とロイヤル・ダッチ・シェル(蘭)を個別株として保有しています。その割合は15%近くを占め、量的にもかなりの存在感を持っています。

そこで、今日は自分の持ち株である両化石燃料銘柄を批判的にみてみようと思います。

エクソンとシェルの取得理由は、外国株投資の定番であったこと。色々な投資本や投資ブログではエクソンとシェルへの投資はお約束です。経営基盤が強固で高い収益性を誇り、配当などの株主還元も充実している、そしてインフレや景気後退に強いことなどが推奨理由としてあげられます。

しかし、温暖化対策が強く求められる21世紀の今日、化石燃料業界は長期投資に適しているのか、未来永劫安泰なのか、正直いうと疑問です。

20世紀は石油の時代と呼ばれエネルギー産業の花形でした。環境問題も深刻ではなく伸び伸びと業績を伸ばしていくことができ、株価もウナギ登りでした。しかし今では化石燃料は温暖化を誘発する負の象徴にもなっています。

国連主導で世界な枠組みを設けて炭酸ガス排出抑制に取り組み、各国政府も電気自動車や太陽光発電の推進など脱化石燃料を謳った政策を次々と打ち出しています。投資の世界にあっても公的機関を中心に環境負荷の高い企業への投資を中止するダイベストメント(Divestment:投資撤退)の動きが盛んになってきています。

米国はトランプ政権がパリ協定離脱を宣言しましたが、それに代わる自主規制はとらざるを得ず、ノーゼロで化石燃料産業を保護することは許されなくなっています。

環境対策への負荷が高まる一方で、競争にも晒された業界でもあり、シェールオイル革命は原油価格を引き下げ従来型の石油採掘の収益を圧迫してきています。2014年から原油相場は下がり続けエクソンもシェルも収益力は大きく低下しました。

両社とも頑張って配当を維持していますが、シェルは利益以上に配当を出すタコ配状態に陥っています。当然のことながら株価は冴えない日々が続きます。中東制裁やインフレなど政策上の都合で原油価格が上がった時に限って株価も上がるような状況です。

投資は将来安泰な企業に行いたいところ。社会ニーズとして厳しい目を向けられ、業界内でも熾烈な競争を強いられている化石燃料企業がその対象になり得るかは、自分の中でも微妙になっています。

ただ、温暖化対策といいつつも直ぐに化石燃料が再生エネルギーにとって代わられるとも考えておらず、産業としては相当の年月は存続していくでしょう。なので、エクソンもシェルも高い配当を生んでくれるうちは保有を続けていく考えです。

しかしながら、長期保有に対する危機感を抱いていることも事実であり、最近のポートフォリオの見直しの中でもホールドし続ける優先順位は下がってきています。何かの機会には処分していくことも視野に入りはじめているということです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top