FC2ブログ
2018
09.18

嗚呼ひふみよ、やはりS&P500には勝てないのか

ゆきだるまです。

米国株投資を本旨としながらも、好成績に魅かれてひふみプラスを保有をしています。

投資を始めた二年前からホールドしているので、自分のポートフォリオの中では最古参になります。一時は2年で60%超える驚愕のリターンを出してくれていました。

一方で、ひふみと同じ頃からS&P500の投資信託(iシェアーズ米国株式インデックス)も保有しています。両方の運用成果を較べると結果はいつもひふみの圧勝でした。

S&P500を超える日本のアクティブファンドを見つけた!という喜びにひたってきました。

(過去記事)米国株最強と云いつつも最高リターンはひふみプラスという事実
      S&P500ETFを超えるアクティブ・ファンド

しかし、夏に入ってからひふみは失速気味、このころから企画会社(レオス・キャピタルワークス)の公式ツイッターで文句を言う人たちの存在が目立ち始めました。8月に不祥事で大暴落したTATERUも上位でファンドに組み込まれていましたね。

(過去記事)ひふみ投信に文句を言う人びとに垣間見た投資観

【1435株式会社TATERU株価】
チャート画像

このところ良いニュースが全然なかったひふみです。

そしてポートフォリオでは、S&P500が追い上げ、ひふみと僅差のところまで迫っています。

【ひふみプラスとS&P500(円建て)のリターン・2年】
ひふみとSP500比較20180917 
今のモメンタムではひふみは早晩S&P500に抜かれるでしょう。

ひふみは日本の中小成長株をテーマにスタートしましたが、マスコミで取り上げられてから運用資産が1千億円から8千億円に急増。中小株では資産消化ができなくなり、大型株や外国株も積極的に組入れ始め、当初の目論見とは大分様相が異なってきています。

そして最近一番の衝撃的だったニュースは、ファンドマネージャー藤野英人氏自身の弱気。これからの相場はトレンドが見えなくなっているので、しばらくは守り・休みの時代だと語っていることです。

(過去記事)ひふみプラスの行く末に抱く不安と不満

守りに入ったアクティブファンドに未来はあるのでしょうか。

個別株とインデックスは選んだ自分の責任ですが、アクティブファンドの場合は企画が行き詰ったのなら内容を変えられないのかという話になります。

ひふみはファンドが巨大に成り過ぎたので当初の日本の中小成長株のファンドであり続けることは無理があります。だとすれば「成長」というキーワードを守れば、企業の規模や国籍を柔軟に考えていっても良いのではないか。現に米国大型株のアマゾン、ビザ、マイクロソフト、フェイスブックを組入れています。組入れ比率を1割からもっと増やしてもいい。

ひふみはアクティブファンドなので、なりふり構わずリターンを取りにいって欲しい。その脱皮ができれば、これからも期待がもてます。

S&P500は、世界最強の米国企業群が時価総額順にラインナップを代えて淡々と数値を上げてきます。いわば冷徹な重戦車がゆっくりと進撃して、周囲のアクティブファンドたちを蹴散らかしていくイメージです。

これに対抗できるのがひふみです。守りに入ったら負けです。だからひふみにはチャレンジを続けてほしい。切なるひふみユーザーの願いです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top