FC2ブログ
2018
09.21

祝ダウ最高値更新~ダウの犬と個別銘柄の勝ち負けの状況

ゆきだるまです。

9月20日にダウは8か月ぶりに最高値を更新しました!

これでS&P500、ナスダックとともに1月末から始まった調整局面は全て脱出できました。

今年は各セクターの浮き沈みが激しくハイテク銘柄が好調な半面、バリュー・高配当銘柄が冴えない状況が続きました。そのため新興のハイテク企業を含まないダウはリターンの面ではナスダックやS&P500に劣後してきました。

【年初来の主要指数比較】
主要3指数比較

それでも流石はダウといったところ。S&P500には遜色のないところまで近づいてきています。ダウは全米企業から選りすぐった30社であり、そのファンドはインデックスというよりはアクティブファンドの印象です。S&P500にアクティブファンドは勝てないといわれるなかで、ダウはその可能性が非常に高い究極のアクティブファンドだと考えています。

さて、年初に配当率が高い上位10社は「ダウの犬」と呼ばれています。割安な株価で放置された銘柄は1年間でダウ平均を超える可能性が高いとするバリュー投資法の一種です。こちらの現状はどうでしょうか。

【今年のダウの犬10社と現状】
ダウの犬9月20日  

今のところダウの犬は全く冴えません。メルク、シスコ、ファイザーが高いパフォーマンスを示していますが、他はすべてダメですね。今年のモメンタムを的確に反映している感じです。なお、ゼネラルエレクトリックは途中でダウ銘柄をはずされましたが、一応年初からの比較なので掲載しています。

逆に今までにリターンが出ているダウの上位5社は次のとおり。

【2018年のダウと上位5社】
ダウトップ5 20180920
ナイキ、マイクロソフト、ビザ、アップル、メルクと並びます。いずれも素晴らしいリターンを出しています。

2018年も3/4が終わろうとしています。年末まであと1/4近くを残すのみですが、ダウの犬は挽回できるのでしょうか。

今年の動向はハイテク対バリューに大きく二分された感じがありますが、このところバリュー銘柄にも株価が乗り始めています。ダウの犬も高い確率で平均値を上回ってきた実績があるので、もしかしたら形成逆転があるかもしれませんね。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top