FC2ブログ
2018
10.04

生活防衛資金&待機資金はどのような形で持つのが良いか?

Category: 試行錯誤
2018年10月4日
ゆきだるまです。

皆さんは資産に余力を残して投資されていることと思います。

その残し方としてはまず生活に必要な額を確保したうえでの投資資金の割り当て。投資資金の中でも将来の買付けのために留保しておく待機資金があります。

これら生活防衛資金と待機資金は何時でも出動できるよう現金で持つのが原則です。大事なことなのでもう一度言います。生活防衛資金と待機資金は現金で持たなければなりません。

しかし

いつでも悪魔のささやきは聞こえてくるものです。

fantasy-2530043_640.jpg 

現金を寝かしておくのもったいなくない?

大儲けはダメだけど安全な資産で少しの小遣い稼ぎは良いんじゃない?

私の場合は月々の小遣いを投資に回しているので生活防衛資金は全額確保されています。問題は待機資金。例えばNISAとの関係、年間120万円までと決まっているので、年の途中で枠を使いきってしまった場合です。

翌年はまた新しい枠が設定されるので、来年買付け分の資金を数か月から半年近く貯めておかなければなりません。目の前で欲しかった株が安値になってもじっと我慢です。

でも売買手数料を差し引いても少しでもプラスになれば・・・

投資信託で売買手数料が掛からず確実に値上りするものを持つ。あるいはPFF(米国優先株式ETF)やBND(債券ファンド)など値動きが少なく分配金収入が取れるものを持っておく。

いろいろ考えて試してみたりもします。

結論は、止めた方が良い。

大体、数か月で確実にリターンが取れる都合の良い商品などありません。あれば誰かが買っています。投資の世界で絶対に儲かる話は転がっていないということです。

S&P500も年単位での勝率は高いものの短期では非常にボラティリティが大きいことに気づかされます。

PFFやBNDは毎月分配金が出るし、値動きが安定しているから待機資金の置き場に最適だと考えてしまいます。これらも株式に較べれば値動きが穏やかなだけで、やはり価格変動リスクを抱えています。今年はPFFもBNDもマイナストレンドです。

【年初来のリターン比較】
年初来リターンSP500BNDPFF

短期のみならず長期も同様でしょう。PFFやBNDを貯金代わりに考えたこともありましたが、為替も発生しますし現金に代わる待機資産にはならないと思っています。

結局、待機資金は現金でもつしかないのです。

それでも、少しでも有利に運用するなら楽天銀行のマネーブリッジ制度の活用をお薦めします。

楽天銀行と楽天証券を連動させると

普通預金金利が0.10%(税込)

市中銀行の普通預金金利が0.001%であることを考えると実に100倍です。投資家的には今一番安全な資産運用方法だと思います。

毎年9月末と3月末に利息が支払われ、先月末に数十万の預金に対して数百円の利息がついてきました。楽天はポイントで投資信託が買えるとか、楽天カードで投信信託を買うとポイントがつくとか楽天経済圏は投資家有利に事業を展開をしています。

来年のNISA口座の乗換えも始まっていますので、楽天経済圏への移住をお考えの方は楽天銀行のマネーブリッジ制度も要注目です。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
私は待機資金は現金にしていますが優待クロスに使用しています。年2%は取れるので満足していますね。
クロスパールdot 2018.10.04 06:09 | 編集
クロスパール様 コメントありがとうございます。短期で元本確保が確かなら優待クロスとかありですね。瞬間的にポジションを取った時に運悪く大暴落が重ならないことを祈るばかりです。
ゆきだるま拝dot 2018.10.04 07:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top