FC2ブログ
2019
01.09

今年はとりあえずドル転から始めよう

Category: 観測
2018年1月9日
ゆきだるまです。

年明け早々から、いきなりアップルが大暴落、そして円が爆買いで急騰、一時は1ドルが104円台に突入しました。FXではロスカット続出という大参事も発生して、今年は波乱の一年になりそうです。

【S&P500の推移】
SP500 20190108 

【ドル円相場】
ドル円20190109 

そう、去年の年明けは上げ相場が前の年からずーっと続いていたので、乗り遅れてはいけないと、成行でガンガン買っていたのでありましたが、今年は手を出しにくい相場で始まりました。

それでも、先週末の雇用統計が良かったことや、FRBが利上げを一時据え置くのでないかという観測から、株高、ドル安の気配を感じます。NISAも新年枠が設定されたし、昨年末から買いを止めていたこともあり現金も若干の余裕ありです。

買いの場面です。

なのになぜか、躊躇してしまうのは年末年始のボラティリティが余りに大きかったらから。お金を入れれば入れるだけに溶けていくような場面が間近であったので、これ以上、下がらないなら買いたいという後ろ向きモードに入っています。

市場が下がる要因は幾つかあります。

一つ目は米中摩擦。政治パフォーマンスが折々感じられるものの、これはマジでヤバいかもという感じがあります。経済面でいけば時代は日本やEUではなく、米中が二大大国です。その二国が政治・経済の両局面で衝突しようとしているので、市場はかなり敏感に反応しています。とりわけ鎖国にも近い米国の保護施策は長期でみたらコスト負けする勝負なので、危ういことこの上なしです。

二つ目はアップル。とうとう限界が来たかという感じです。史上初の1兆ドル企業といえどもアイフォンに過半を頼る脆さ。スマートフォンが登場した時は衝撃的でしたが、基本的なアーキテクチャ―は変わらずに10年以上が経過。いい加減に陳腐化したということだと思います。裾野の産業が広いだけでに、その凋落による影響は小さくありません。

【アップル株価】
AAPL20190108.png 

三つ目はeコマース産業。これも現行のビジネスモデルは完成の域にあって拡張の余地が少ないようです。むしろ欧州での課税強化や、情報セキュリティ強化とか収益が食われそうな話題が目立つようになりました。株価には相当の期待値が乗ってきたところであり、そぎ落としに入ったらFANG銘柄はもっと落ちるかもしれません。

まあ、悲観して買い控えていても杞憂に終わった場合は、投資機会を逸してしまうので、毎月定額の買付けは引き続き実行します。まずは安くなったドルを買っていくことから始めます。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
どうもです。自分も投信の定期買い付け以外は今年の投資は現在0円です(笑。投資本も2冊読みました。INDEX投資本の水●ケ●さんの著書と米国株カリスマのB太郎さんの本です。もう少し自分の歳が若ければと痛感しております(爆笑。更に米国ETF勉学中です。手数料もあるのでETFは買い時が難しいですね。種類も高配当からセクター別、債券までまあ、多種多様なのですね。水●さんの本によると個別株あるいはETF選定うんぬんよりもポートフォリオの構築でリターンは決まるとか。ド初心者の自分には目からウロコなことばかりです。もう少し歳が若ければ(格爆。自虐、失礼しました。
ご同輩dot 2019.01.12 19:14 | 編集
ご同輩様 両著は個人投資家必読の書ですね。海千山千の相場師を相手に勝つためには時間を味方につけるのが最良の戦略であることは間違いありません。まあ人生100年の時代、50代は折り返し点だと思えば投資期間もまだまだたっぷりあります。中高年者に焦りは禁物です。いつも肝に銘じています。
ゆきだるま拝dot 2019.01.13 02:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top