FC2ブログ
2019
04.20

おいおい!VHTを買った傍からヘルスケアは急落かよ

2019年4月20日
ゆきだるまです。

S&P500指数への投資は株式投資の王道です。

これを超える投資先について様々な研究が行われてきましたが、ヘルスケアは主要産業10セクターの中で過去に最高のリターンを出してきたことで知られています。

ヘルスケアは万人にとって不可欠であり、開発コストや訴訟リスクの不安はあるものの今後の高齢社会に向かって需要はますます増大していく分野です。しかも景気の影響を受けにくくコンスタントに需要があるため安定したリターンが期待できます。

ゆきだるまも老舗中の老舗ジョンソン&ジョンソン社への投資を行うほか、最近ではVHT(ヘルスケアセクターETF)を買い、ヘルスケア全般に投資の輪を広げています。

しかしながら、国民皆保険(メディアケア・フォア・オール)というヘルスケア投資に新たな脅威が登場しました。

2020年の大統領選を照準に据えながら民主党政権が提唱している制度で、現在高齢者と低所得者に限定している米国民保険制度を全世帯に拡大するというもの。

米国では公的保険が適用されない世帯は民間保険に加入することが一般的ですが、これが実現すると民間保険業が縮退するばかりでなく、医療費圧縮に対する公的圧力も高まるためヘルスケア全体の収益性が悪化するおそれがあります。

先週、民間保険最大手のユナイテッドヘルス社の決算発表があったところ、デービッド・ウィッチマンCEOが「一部で議論されるヘルスケア事業の変革は人々と医師との関係を壊すうえ、医療制度を不安定にする」との懸念を表明したため、保険業を中心にヘルスケア株全般の売りにつながりました。

UNH(ユナイテッドヘルス社株)は好決算にもかかわらず株価は一時6%近く下落。

VHT(ヘルスケアセクターETF)も年初来のリターンをほぼ逸失しています。

【ヘルスケア年初来のリターン比較】
ヘルスケア年初リターン20190418

ゆきだるまも先月買ったVHTが既に▼5%(涙目)

(過去記事)VHT(米国ヘルスケア・セクターETF)を買ってみた

これから先の見通しですが、企業寄りの現共和党の政策に対し、幅広い国民の支持を集める国民皆保険は政権交代の大きな目玉となるでしょう。何よりもトランプ大統領自身が再選に意欲的なのが痛い。

ヘルスケア投資は暫く低迷するかもしれません。

しかしそこが勝機です。

良いものを安く仕込んで寝かしておく、

長期投資家のたしなみですね。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top