FC2ブログ
2019
04.30

投資を続けるためにも視力は大事

Category: 自分のこと
2019年4月30日
ゆきだるまです。

昨日、眼鏡屋で検眼してもらったら「老眼です」とはっきり言われた。

これまで遠くのものが見えにくかったので近眼だったわけだが、いよいよ近くのものも見づらくなってきたのだ。

老眼とはつまるところ加齢によって眼の機能が低下すること。

手元に焦点を合わせると周囲が見にくくなる。車の運転を考えて遠方視力0.7を確保しようとすると逆に本が読めなくなってしまう。

店員に薦められたのは、眼鏡を遠用と近用の2つを持って使いわけるか、遠近両用レンズを使うことだという。

遠近両用メガネはレンズ中央に境界面ができていかにも老眼鏡ですというイメージに抵抗があったが、最近のレンズは優秀で見た目は普通の一枚モノに見える。

結局は遠近両用レンズで眼鏡を新調することにした。

加齢によって記憶力や体力が落ちるのはやむを得ないとしても視力の低下は困りものだ。

株式投資はライフワークとして生涯続けていくつもりでいるが、それも視力があってのこと。

80半ばを過ぎた親がいて最近では活字が判別できないレベルまで視力が低下してしまった。こうなると投資どころではなくなってしまう。

人生100年の時代が来たというが不便なく生活できるのは何歳までだろう。眼鏡屋からの帰り道にこんなことを考えた。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top