FC2ブログ
2019
07.11

最低手数料ゼロならば全米投資はVTIではなくSPTMという選択

2019年7月11日
ゆきだるまです。

マネックス証券、楽天証券、SBI証券の3社が米株取引手数料を新たな次元に引き下げました。

最低取引手数料5ドル→0ドル(税別、7月22日取引分から)

これまでは料率0.45%との関係から1111ドル(約12万円)以上の株を買わなければ、いわゆる手数料負けをしていました。

7月10日の日経新聞では、マネックス証券での従来の米株取引の約3割が1111ドル以下の割高水準だったと云い、7月8日から最低手数料0.1ドルを開始したところ取引量が約5割に増えたとのこと。

つまり今回の最低手数料引き下げは、1111ドル以下で取り引きをしたい少額投資家には待望の制度だったことが分かります。

米国株は1株から買い付けが可能とはいっても手数料の壁は高かったわけです。

これからは大手を振って1株買いが出来る時代に、そんな時に何を買うかですが

インデックス投資家に人気があるのがVTI(バンガード社の全米株式ETF)

S&P500が全米大型企業500社・時価総額の約80%で構成されるところVTIは全3600社・時価総額の約100%、全米に丸ごと投資したいのであればVTIという選択肢になります。経年的なリターンもVTIの方がS&P500よりも若干上回っています。

VTIの現在価額は152ドルなので1万7千円くらいです。買い付け手数料は0.45%+税なので約0.7ドル(約80円)、これまでの5.4ドル(税込約590円)に較べると格段に安くなりました。

これまでVTIの投資は手数料無料で100円から投資できる投資信託を選択してきた方も多いと思います。投資信託の弱点は信託報酬が高いこと。ETF版が年0.03%のところ投資信託は0.16%で5倍の差があります。信託報酬は経年的にかかってくるので長期投資になるほどリターンには大きく影響してきます。そのため入口の低い投信か出口の低いETFかは論議の的になってきました。

しかし、今回の手数料改正でETFの買付けにストレスがなくなった今、投資信託からETFに乗り換える人も多くなると考えます。

そこで今日ご紹介したいのはSPTMというETF

これはステート・ストリート社が出している全米株式を対象にしたETFです。

VTIと異なるのが構成企業数、VTI3600社に較べ、SPTMは2800社、時価総額では全数の約98%となります。ファンドの純資産はVTI8140億ドルに対してSPTM35億ドル、両者を比較するとVTIの方が充実しています。

SPTMが設定された2000年以降の約20年のリターンをみてみます。
SPTM20年

ほぼ同じような値動きの中でVTI>SPTM>S&P500という結果でした。

信託報酬はVTI、SPTMとも0.03%、ETFの中でも最安水準です。

問題はETF1枚あたりの値段です。

VTI:152ドル、SPTM:37ドル

SPTMはVTIの1/4、約4千円(手数料18円)で買うことができます。

流動性と若干のリターンに目をつぶればSPTMは良い選択肢になると思います。

SPTMでポチポチと手動積み立てというのも悪くありません。

4千円だと呑み会1回分くらいといったところでしょうか。

年金問題を語るならこういうところで節約です。

最低手数料ゼロ時代だから出来る少額投資です。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top