FC2ブログ
2019
07.14

最低手数料ゼロだから出来るPFF(優先株ETF)の配当再投資

2019年7月14日
ゆきだるまです。

証券会社の米株取引手数料が最低0ドルとなったことを受けて一つの長期実験を始めることにしました。

その実験とはPFF(iシェアーズ優先株式&インカム証券 ETF)で分配金の再投資を行ってみることです。

PFFは主に優先株から成るETFで分配金が高く(名目利回り5.78%、税引後利回り4.15%)、債券のように値動きが少ないことが特徴です。さらに分配金が毎月出るのでインカム投資家に人気があります。

現在の価額が37ドルなので、仮に将来もこの価額と分配金利回りが固定だったとすると、毎月分配金が出るたびにそれを原資にして1枚づつ買い増していくとどうなるのか。

これまでPFFを1枚だけ買うと最低手数料5.4ドル(税込)が適用となり、買い値37ドルに対して手数料の占める割合が14.6%にもなる計算でした。それが料率0.45%(税込0.486%)のみとなったので約30分の1で済むようになったのです。

長期にわたる1枚買いを試す好機到来です。

現在10枚保有しているPFFに分配金も原資に加えて月々1枚づつ買い増した試算結果がこれです。

【PFF長期積立結果】
PFF長期1株買い作戦

試算条件
基準価額37ドル(固定)、分配金利回り名目5.78%・実質4.15%(固定)、現在NISA適用中、期限後は順次課税口座に移管。NISA期間は買付手数料は無料。復興特別所得税は2037年末で終了。

買い付け額に対して分配金の充当率が高くなっていくため取得原価は漸近線に収束します。

10年後:買い増し120枚、リターン31.6%、実質分配金利回り5.40%(1.30倍)
20年後:買い増し240枚、リターン77.4%、実質分配金利回り7.33%(1.76倍)
23年後:買い増し280枚、リターン102.3%、実質分配金利回り8.37%(2.02倍)

この方法を10年続けると毎月の買付け額が31.6%引きで買えますよ、分配金は1.3倍になってますよということです。

さらに23年目になると手取りの分配金だけでPFFがただで1枚買えるようになります。この場合、一括なら120万円の投資が必要なところが約半分の60万円の投資で実現できることになります。

ここから先はフリーの雪だるまが転がっていくわけです。

今から23年というとゆきだるまは後期高齢者になっています(笑)

まあそれでも100歳まで生きるとしたら、残りの四半世紀は年利8.37%で安定したマネーマシンが手に入るのは悪くないかもしれません。

まずはその第一歩を踏み出すべく金曜日に1枚買い増しをしてみました。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top