FC2ブログ
2019
07.17

年金2千万円不足にみる国民の迷走

Category: 雑感
2019年7月17日
ゆきだるまです。

年金だけで豊かな老後を送れると思われていた方が存外に多いことに驚いています。

高齢者が増えて若者が減っていく国の年金が安泰なわけがありません。年金の支給開始を繰り下げたり、定年を先延ばしたりする社会風潮に危機感を覚えなかったのだろうか。

年金だけを捉えると現在70歳に差しかかかった団塊の世代(第1次ベビーブーム)までが勝ち組だったように思います。

ゆきだるまは50歳を超えましたが、周りを見渡すと再雇用で実質的な定年は65歳が一般的です。多分自分の頃は実質定年が70歳くらいになっているでしょう。そして今の40代以下の方たちは75歳、いや定年制度そのものがなくなっているかもしれません。

年金が枯渇すれば雇用の延伸か資産運用かという話になります。

マスコミは資産運用について不安を煽ります。

つみたてNISAやイデコで元本割れ続出という雑誌記事を目にしました。

両者とも発足間もない制度なので値動きが激しいのは当たり前ですし、大体において株式投資は20年寝かさないと確実なリターンが出ない代物です。

しかもイデコは初期費用と毎月経費がパーセントのレベルで天引きされるので、最初のうちはトータルで元本割れして見えるのは仕方がないこと。

こうした事実を踏まえずにいたずらに不安だけを煽っています。政府の用意した制度は欠陥だらけであると。

もっと酷かったのが週刊エコノミストの7月2日号

「老後2000万円貯める!おまかせ投資」という特集

セゾン投信、ひふみ投信、コモンズ投信、鎌倉投信等々の代表が登場してアクティブ投信を推奨。インデックスは玉石混合なのでプロが厳選したアクティブ投信にこそ資産を託すべきであるという論調でした。

アクティブ投資の特集だとすれば別に構わないのですが、老後の資産運用として打ち出しているのが罪深い。

しかも否定しているインデックスがTOPIXで、各アクティブ投信はTOPIXよりは良い成績を上げていますよというレベルの話。同じインデックスでもS&P500のような好成績のものは特集の邪魔になるので無視といった感じでした。

インデックス投資は一律的にダメだという印象だけが残ります。

年金問題が勃発してから金融セミナーは大盛況だそうです。

ここでも低廉良質なインデックスファンドは勧められずに、手数料の高いボッタくりファンドを勧められてしまうのでしょうか。

なんとも気の毒な気がしてなりません。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top