FC2ブログ
2019
08.14

UBERウーバーに夢を託して1株買い

2019年8月14日
ゆきだるまです。

先週は夏休みをとって北海道に行っていました。広大な北の大地を満喫するつもりが連日の悪天、仕方がないのでガラス細工やバターづくりなど体験系で時間を過ごすことも多かった旅行でした。

さて、米国株取引の最低手数料がゼロになったことを受けて1株買いを日々行うようになりました。主にはポートフォリオのバランス取りのためのインデックスETFや高配当銘柄の配当金再投資という形です。

そんな中でくら寿司USA(KRUS)のIPO株を試し買いをした話を先週いたしましたが、実は続けてウーバー(UBER)にも手を出してみたのでした。

ウーバーは2009年に誕生したライドシェア会社ですが、近年ではウーバー・イーツといった出前サービスも行っています。本業以外にも自動運転技術の開発や空飛ぶタクシー構想など次世代に向けた道路交通システム改革を推し進めていこうとしています。

ウーバーのビジネスとしての着眼点は遊休人材の活用。ドライバーの雇用経費を掛けずに価格を下げることに成功しています。ドライバーの質は利用者の評価によるもので自律的な向上が期待できるところも画期的です。ただし出前事業の方は交通マナーが問題だったり荷崩れが酷いなどの悪評もあり改善が必要かもしれません。

何よりも既存のタクシー業界や配送業界に対して一石を投じたところにより、業界全体のサービス見直しにもつながっています。

ウーバーにはアマゾンが既存産業界を破壊していったような革命的企業の匂いを感じることができます。

本年5月に上場してから気になる存在ではあったもののIPO株は正に水モノなので手を出しあぐんでいたのですが、売買手数料の改善で少量試し買いも可能になりました。

決算と今後の見通しに関しては、米国株式の大家である広瀬隆雄氏が評価されているので大変参考になります。

(参考)ウーバー、リフト、ビヨンドミートなど、最近IPOした注目株の決算を総まとめ! 決算内容からわかる「買うべき銘柄」と「売るべき銘柄」をズバリ解説!

(広瀬氏のコメント)
ウーバーの決算は、ライバルのリフトに比べるとかなり見劣りする内容でした。また売上高がコンセンサス予想に届かなかった為、多くの投資家を落胆させました。ウーバー株はすぐ処分すべきです。

なかなかの酷評です。

しかし、1株買いなのでストレスはありません。

何よりも夢を買ってみたという楽しさがあります。

アマゾン株だって2000年初頭は10ドル台だったわけですから。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top