FC2ブログ
2019
09.18

新高配当戦略~KHCクラフトハインツを拾う

2019年9月18日
ゆきだるまです。

食品大手のクラフトハインツが前日比で4%近く下落しています。

報道では第2位の株主である3Gキャピタルが2500万株を放出したためだとか。

配当率が5.6%になったので、とりあえず買いです。

最近、ゆきだるまは新高配当戦略なるものを始めてみました。

(過去記事)新高配当株戦略~タバコ銘柄3種盛り

それは、配当力はあるが不人気故に高配当となったものを安値で拾っておいて、配当をもらいながら高値になった時に売るというものです。

日本株の投資雑誌によくでてくる高配当株の狙い方と考えは一緒です。ただし日本株の場合、配当の継続性に難があるためキャピタルゲイン狙いの色調が強いですが、米国株の場合は配当が安定していているのでインカムゲインへの期待が高いです。

ポイントはどちらも株価差が出たら売るということで長期保有は前提にしていません。

個人的には高配当株って、星で例えたら爆発寸前の赤色巨星ではないかなと思っています。

(過去記事)老舗企業の高配当化には星が滅びる寸前の危うさを感じる

その最後の旨みを取りにいくのが、バリュー投資家というかシケモク投資家の醍醐味というものでしょう。星が滅びるといっても中々寿命に至らないものが多いのも事実。商いが回っている限りは左程の心配も無用かと。

KHC社でいえば、チーズのクラフト社とケチャップのハインツ社が合併した老舗のWネームです。そもそもが2015年にバークシャ・ハサウエイと3Gキャピタルが合併の立役者となったのが出発点。昨年、痛恨の赤字決算と減配をやらかし株価は暴落、それでも配当率5%水準で下げ止まったので、この銘柄の期待利回りを感じとった次第です。

今回の3G社による売りは調整名目で、かつ筆頭株主のバークシャー社も動いていないので、この株価下落はボーナスステージではないかと独り合点する次第。

株主となると保有企業の動向が気になるもの。

これからケチャップはカゴメからハインツに変えてみます。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top