FC2ブログ
2019
09.29

配当金に寄せる思い

Category: 配当
2019年9月29日
ゆきだるまです。

毎年9月は配当金が多く入ってくる月だが、今月もあと残り1日なのに配当金が少ない。特にインデックスモノは3の倍数月に入ってきたものが月ズレを起こしており翌月になることも多くなってた。大口だったエクソン・モービルを手放してしまったことも配当金という観点では痛かった。

今日は配当金について雑感を述べてみたい。

配当金については賛否両論があって、否定的見解は課税による損失。つまり配当は出さないで企業はその事業で再投資して収益を高める方が良いということ。

これには異議がある。

お金はある時にもらっておくに越したことはない。借金の取り立ててで苦労をしないとこの発想は出てこない。厳密には株の配当と借金の返済は別モノだが、一義的には同種の支払プレッシャーが企業側には掛かっていて、その真剣味が経営を自ら律することにつながっていると考えている。

配当を出さずに企業内に留保された資金が真に投資家のために有効に使われるのか誰も分からないし、もしかしたら明日はなくなってしまうかもしれない。株価は期待だけでも上下するから実態収益が正しく反映されているわけでもない。

配当に相当する収益を企業に預けっぱなしで危うくないか。

だとすれば、目の前にある現実利益は回収してしまう方が良い。

これが金融界の常識だから、今もって配当金制度が健在なのだろう。

税金はその安心料だと思えば我慢ができる。

配当金のついでにファンドについて語れば、投資信託よりもETFの方が格段に優れていると考えている。

なぜか。

構成銘柄の各配当金が分配金としてきちんと出るから。

ETFは投資信託に較べれば構造がシンプルなので管理コストが少ない。

しかし仕組みが複雑な投資信託はどうだろう。

分配金を出さないことがメリットとして語られるが、一体その原資はどうなっているのだろう。

S&P500に投資したとして、ETFならば年2%近い分配金が出てくる。分配金を出さない投資信託はその分の基準価額が増えているかというとそうでもない。

おそらく管理コストで分配金原資が食いつぶされてしまっているのかもしれない。この辺は運用報告書をみてもよく分からない。

税金よりも管理コストの方が大きければ本末転倒ではないか。

だとすれば、ドル建ての生ETFを持つのが一番良いという結論になる。

幸いにして、ネット証券では米国株取引の最低手数料制が撤廃されたので、少額での分散投資や配当金再投資でも手数料負けをしなくなった。

なので、最近は配当金を重視する方向に姿勢が傾きつつある。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
ならば分配金を出さないインデックスファンドに投資するのが一番ですね!
ダルシムdot 2019.09.30 19:30 | 編集
ダルシム様 コメント承認と返信遅くなり申し訳ありません。分配原資が基準価額にちゃんと乗っていればその通りですね。
ゆきだるま拝dot 2019.10.06 21:19 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top