FC2ブログ
2020
02.04

VYM(高配当株ETF)を買ってみた

2020年2月4日
ゆきだるまです。

新型肺炎の拡大は日増しに進んでいます。

そんな中で週明けのNY市場は一転して上げムードです。

投資家心理なるものは良く分かりません。

さて、今日は決算で落ち目となったAT&Tを少し売って、そのお金でVYM(バンガード高配当株ETF)を買ってみました。

動機としては、高配当株、特に個別株はリスクが高いと感じたからです。

これまで配当率5%を超えるものを短期的な収入に魅かれて買い集めてきましたが、当の株価自体がさっぱり上がりません。

それどころか落ちると復活しにくかったり、減配などされたら完全にアウトです。

例えば、ロイヤル・ダッチ・シェルは、この半年間で40%近く下落しました(涙目)

配当率が7%近くあっても株価差を埋めるのに5~6年掛かる計算です。

この前の決算をみると配当維持も崖っぷちかなという感じです。

我が保有の高配当株陣は、AT&T、RDS.B、BTI、MO、PM、KHC

油と煙とケチャップ、揃いも揃ってキワモノばかり・・・

ETFにしても、PFF(優先株)、SPYD(高配当順80株)

これとて株価も配当も上がらないガラクタを集めた代物

つまりは配当金を再投資して複利効果を働かせる以外に資産拡大の道はない。

そしてコツコツ・ドカンの恐怖と背中合わせ。

それでも定期的な配当収入は捨てがたい。

そこで選んだのがVYM。

分配金は年3%程度だけど、成長企業が多くて基準価額も分配金も年々増加していってくれています。

【株価・ETF価額推移・10年間】
高配当10年

【配当・分配金の増加率・10年間】
配当成長率10年 

VYMは10年持てば分配金が2.5倍になっています。つまり今の年3%の分配金が10年後には7.5%になっているということ。

持てば持つほど味が出てくるタイプですね。

分配金を再投資していけばトータルリターンでS&P500と遜色のないレベルという説も。

高配当銘柄はいきなりVYM一色にするつもりもないですが、個別株は少しずつ処分して乗り換えを進めていこうと考えています。

これもまた試行錯誤の一つです。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top