FC2ブログ
2020
03.02

投資成果まとめ(2020年2月)~コロナに焼かれて資産消失

Category: 運用状況
2020年3月2日
ゆきだるまです。

2020年2月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】
PF202002-1.png   
 【各銘柄の騰落率】(円ベース)
PF202002-2.png            
【参考】1月末の状況 
PF2020-4.png 
現在の総リターン:9.49%(前月19.30%)  

・資産総額:350万円(前月376万円)
・原  資:320万円(前月315万円)
・運用利益:   30万円(前月 61万円)
・運用期間:4年1ケ月

 ※為替:108.12円/ドル(前月108.37円/ドル)で計算

【全資産の騰落率推移・S&P500に全額投資した場合との比較】
PF202002-3.png   

新型コロナによる暴落が本格化してきましたね。

2月末とその前の月の各銘柄の騰落率のグラフを見比べると大幅に下がりました。特にレバレッジもののTECLやSPXLは激落ちしました。

2月21日の金曜日までは、米国市場はタカをくくっていて、円安傾向にもなっていましたから、自分のポートフォリオの含み益が最高潮に達していました。

翌週は地獄へ真っ逆さま。株価チャートを見ても気が滅入るだけなので、先週一週間は全く無視していました。

狼狽売りをせずホールドするなら気絶投資法しかありません。

暴落に乗じた買い増しをするにしても、収束期が見えないのでまだ下がるでしょう。

ならば気絶しているしかありません。

ここで問われるのがメンタル力。

完全な余裕資金での投資であれば気絶もしていられますが、全資産を投じていたりすると穏やかではいられないでしょう。

特に今回が未治の感染症なだけに単なる経済活動の停滞に留まらず、人類滅亡に至らないとは誰も確証できないからです。

私の投資は小遣銭の積み上げなので家庭的には全部溶けても全く問題がないのですが、個人的な将来の余裕、趣味、トラブル解決等のためのいわゆるヘソクリなので、やはりこれがなくなるのは非常に痛いです。

実は2月21日の明け方、週明けは確実に暴落するという予感があったので、NY市場閉場間際に全資産解約をしようか激しく逡巡しました。

結果、ガチホを決めたのでもはや後悔はせず気絶することにします。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top