FC2ブログ
2020
03.20

新型コロナに打ち勝つたった一つの方法

Category: 投資哲学
2020年3月20日
ゆきだるまです。

新型コロナの猛威に株式市場は大混乱の様相を呈しています。

今回は私も大暴落の予感を感じて二月の中旬に一瞬だけ全ポジションの解約が頭をよぎりました。しかし結局はガチホを決めビックシューター乗り続けることにしました。

その後、約1ヶ月間、私は全くチャートを見ていません。

ちょうど世間の混乱と機を同じくして私的にも多忙を極め、物を考える暇が全くなかったという状態でした。

つまり投資に関しては意識の外、いわゆる気絶した状態が続いていたわけです。

昨日、私生活が少し一段落したので、久しぶりに我がポートフォリオを開いてみると

焼け野原

20%くらいあった含み益が逆にマイナス20%くらいになっています。

実に40%近い下落

チャートにしがみついていたら、目の前の激しい動きに翻弄されて狼狽売りか狼狽買いをしていたことでしょう。その意味で気絶投資法は最強のメンタルコントロールを可能にしてくれます。

さて、実は気絶投資法から覚めてチャートを開きなおしたのは、復活の日が近そうだと感じたからです。

今後についての自分なりの予想です。

全世界的に実態経済が打撃を受けており、今後の見通しの不透明さから株価が暴落している。このまま放置すれば世界恐慌に突入する恐れもある。

一方で原因のコロナウイルスの方は、感染力は高いが致死率は低い。アビガンに薬効があるとか、中国武漢は山を越えたとか明るい話題も出始めている。

恐らく政治的判断としては、経済・生活破綻の回避を最優先にせざるを得ず、近いうちに戒厳令を解くのではないか。完全な特効薬がない中で淘汰される者も出てきてしまうが、98%は回復するのであればやむを得ないという判断になるのではないか。

それでも感染力が高く全人類の70%が感染すると考えると、致死率2%というのは日本国民だけで150万人はお亡くなりになる計算だから、絶対数的には小さいわけではない。

ただ政治というものは何かを決めることだから、国民生活がもたなければ、早ければ4月、遅くとも5月には結論を出すのではないか。経済が復調すると逃げていた、投資マネーが一気に逆流するので株式市場はバブルになる。

ならば投資家としては、更なる暴落を用心しながらもそろそろ買いに入るべきではないか。

そう思い直して証券口座への入金を再開しました。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top