FC2ブログ
2020
03.21

大暴落の時には自分ならコレを仕込む

Category: 雑感
2020年3月21日
ゆきだるまです。

今週末のNY市場も辛い状況で終わりました。

コロナウイルスの拡大懸念の先行きが見通せない中、実態経済の悪化が株式価値を大きく揺るがせています。

これから先、企業倒産が相次ぐようだとマジでヤバいですね。株式投資とか言ってる場合じゃなくなるかもしれません。倒産すれば株の価値はゼロ、ゼロは何倍してもゼロ、お金が溶けていくというのは正にこのことでしょう。

さて、そんな中で今後に期待がもてるものといえば、個別企業の株よりは複数企業を集めたファンド、それも機械的に選んだインデックスファンドでしょう。

例えば米国企業の時価総額上位500社を選んだS&P500という有名なインデックスがありますが、仮に倒産が相次いでも、選定基準に基づいて銘柄の入れ替えが行われることになります。従って米国企業全社が倒産するまではファンドの価値はゼロになることはないわけです。

以下はコロナウイルスから世界経済が立ち直るという前提で何を買い増すべきか考察してみます。

1 インデックスのレバレッジETF SPXLとTECL

 今、S&P500のレバレッジ3倍型ETFのSPXLとテクノロジーセクターVGTの同じく3倍型ETFのTECLを持っています。

 レバレッジETFはご存知のとおり前日価格から3倍の値動きをするので、市場が5%下落するとレバレッジ3倍のETFは15%下落していくことになります。
 
 既にSPXLは買値から50%下がり、TECLは70%下がりです。こいつを買値の90%下がりで指値を入れておく、そうすると単純に元値まで戻ればテンバガーの達成です。これは元のインデックスS&P500とVGTが超優秀であり、米国経済最強伝説に基づけば、これらが復活しないようなら株式投資はダメだということです。
 
 なのでワンチャン逆転に賭けるなら、コロナ回復後のバブルに備えて安物を出来るだけ仕込んでおくというのが吉ではないかと考える次第です。

2 インデックスETF VTI、VT、QQQ

 これも超優秀なインデックスでポートフォリオの半分強を占めています。VTIとVTが買値から25%下がり、QQQが20%下がりでお買い得感がマシマシです。

3 高配当ETF VYM、PFF、SPYD 

 PFF25%下がり、VYM30%下がり、SPYD40%下がりですが、実態のキャッシュが入ってくる見込みがなければ減配されるのでパスです。

以上から、作戦としてはレバレッジETFを出来るだけ安値で仕込み、暴騰したところで売って、VTIとかVTに乗り換えるのが良い感じですかね。

新規マネーは投入せずに、債券ETFのBNDとBNDXを取り崩して買っていくつもりです。

債券ETFは買値5%くらい下がりしか落ちておらず、こういう時に安定感が光りますね。

今日は取らぬタヌキの皮算用をしてみました。

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top