FC2ブログ
2020
04.02

投資成果まとめ(2020年3月)~底を打ったってホント!?

Category: 運用状況
 2020年4月2日
ゆきだるまです。

2020年3月末時点の投資成績をとりまとめました。

【ゆきだるまファンドのポートフォリオ】
PF202003-01.png    
 【各銘柄の騰落率】(円ベース)
PF202003-02.png 
【参考比較】2月末の状況 
PF202002-2.png
 現在の総リターン:-4.23%(前月9.49%)  

・資産総額:308万円(前月350万円)
・原  資:322円(前月320万円)
・運用利益:-13万円(前月30万円)
・運用期間:4年2ケ月

 ※為替:107.56円/ドル(前月108.12円/ドル)で計算

【全資産の騰落率推移・S&P500に全額投資した場合との比較】
PF202003-03.png  

ああ、とうとう総リターンがマイナスに沈んだ。

投資を初めて4年と2ヶ月、つまるところ損をするために毎月お金をつぎ込んできたことになります。

先月末ならかろうじてプラスで逃げることも出来ましたが、この船に乗り続けることを決めたので、とことんまで付き合うだけです。

さて、持ち株の騰落状況ですが、2月末との比較を載せました。

この一ヶ月で激落ちしたのが、まずTECLとSPXL。どちらもレバレッジETFですが、上がる時は3倍、落ちる時も3倍なので強烈です。レバレッジETFは運用困難になったものから繰上償還が始まっており、持ち続けることの危うさを感じています。

次に下がったのが原油(RDS.B)。経済活動が停滞すれば原油の使用も減りますし、中東やロシアが殴りこみを掛けてきたために相場がガタガタになりました。

そして下がったのが高配当銘柄。お金が稼げなくなった企業が現金配当を出来なくなるのは必至なので、手放す人が増えたということでしょう。

かろうじてプラスを保っているのが、ひふみとS&P500.これらは投資初期の頃に仕込んだもので、時間が生んできた利益を残しています。

世界情勢は日に日に悪化しています。

アメリカ、イギリス、フランス、欧米列強が奈落に向かって進み、日本も後を続いています。

最悪、株式価値はゼロ近くまで落ちるもしれません。経済の復興と株価の復活に数十年かかるかもしれません。

先月から新規の資金投入はセーブすることにしました。

なぜなら、底が全く見えず、日常生活でお金が必要になるからです。

今の給料が保証される見通しがないなかで、投資に回すお金は絞らざるを得ません。

そのため、少ないながらも配当金を足しながら買い付けは細々と続け、手持ち銘柄はリバランスしてVT、VTI、QQQ、VYMの優良インデックスに資金を集めていこうと思っています。

いつかの復活の日を信じて

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top