FC2ブログ
2021
02.14

高配当株投資の意味

Category: 雑感
 2021年2月14日
ゆきだるまです。

高配当株で人気のあったJTが減配を発表し株価が急落しました。配当文化で名高い米国においてもエクソン・モービルやAT&Tが増配を停止しました。SNS界隈では高配当株投資家の悲鳴がそこここで聞こえてきます。

かくいう自分もかつては高配当銘柄を愛好し、ポートフォリオ全体の配当率が4%だったこともあります。

株価暴落の場面でも優良企業の高配当株は強いといわれてきました。しかしながらコロナ禍において現金が稼げなくなった企業は次々と配当維持を断念しました。当然、株価も下落しWパンチ状態となっています。

ダウ30銘柄の趨勢を振り返ってみても永遠にトップレベルにいられる企業などなく、人間と同じように時の流れの中で地位は変容していくものだと思っています。優良な高配当企業は定年間際の重役のようにもみえます。

だからコロナ禍の中で持っていた高配当の個別株(エクソン、シェル、AT&T、フィリップモリス、アルトリア)は処分しました。まだコカ・コーラとジョンソン&ジョンソンは保有していますが、これも来年にはNISA満期のタイミングでインデックスファンドに買い換えをしようと思っています。

かくしてポートフォリオ全体の配当率はかつての4%から1.6%まで下がりました。

資産を増やすという視点でみれば、配当に期待するよりも優秀な米国のインデックスに投資する方がローリスク・ハイリターンですからね。

さて、高配当株に見切りをつけた私ですが、新規にVYM(高配当株ETF)には投資をしています。

VYMはざっくりいうとS&P500の配当率平均(1.6%程度)よりも高い銘柄を集めた約400銘柄で構成されています。ファンドとしての分配金は3%とそれほど高くはありません。配当金の多寡でいえばHDVが4%、SPYDが5%くらいあるので、こちらを選考した方が良いともいえます。

なぜVYMを選んだのか?

分配金が目的ではなく(もちろん余禄としてはありがたい)、株価の安いバリュー株として今後の株価成長への期待からです。ハイテク企業のような割高な株価ではなく、地の底から上がってくるような安定感のある株価の成長です。

有名なダウの犬戦法と同じ発想です。

ダウの犬的な発想ではHDVやSPYDでも同じなわけですが、これらは銘柄数が少なく企業構成も偏っているのでリスキーです。特に高配当株は単に割安なものからデフォルト寸前のものまで玉石混交なので、銘柄の多さと構成のバランスの良さは必須でしょう。

今はハイテク隆盛ですが、いずれ景気循環でバリュー株が上がってくるときに備えてVYMに資金を投入しておくのが吉かと思っています。

(過去記事)
VYM(高配当株ETF)を買ってみた

それでは☆彡
 
▼お帰りの際は是非ひと押し!大変励みになります。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top