2017
05.28

燃費が良い車に乗り換えるのは得か?

Category: 雑感
ゆきだるまです。

我が家の車は低燃費車ではありません。
リッター当り町乗りで7km、遠乗りで10kmくらいで、今どきの低燃費車に乗ると3~4倍は距離が伸びるようです。(車に詳しくないので適当なところはご勘弁ください。)
節約家の細君が燃費を理由に車の買い換えを時折り提案してきます。はて、寿命が来たのならいざ知らず、燃費のみの理由で車を新車にするメリットがあるのでしょうか。例によって計算をしてみます。

仮に新車300万円が下取り差額で半額の150万円になったとして、これから10万キロ乗るとすると、現行車に乗り続けた場合はガソリン代のみ178万円(7km/L)です。新車に代えて場合は燃費が4倍になったとするとガソリン代は45万円(28km/L)となりますが、車代150万円が加算されトータルでは新車195万円>現行車178万円となりお得ではありません。
車の下取りで半額というのは相当条件が良い場合であり、かなり乗り込んだ場合は数十万円くらいにしかなりません。そもそも走り出した瞬間に新車から価格が数割落ちるという恐ろしい商品です。

結局のところ車は一度決めたら買い換えなどをせずに、乗りつぶすのがコスト的には一番有利だと思っています。

これは投資についても同じことで、ETFの保有手数料が安いとか、株価の伸びが違うとかを理由に買換えなどすると手数料や税金で結局は高い買い物になってしまうことになります。投資銘柄も一度決めたら迷わずに持ち続けるのが吉だと思います。

それでは
スポンサーサイト
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top