2018
02.16

ダウ年始水準回復!ダウの犬は谷を這い上がれたか?

Category: 観測
ゆきだるまです。

ダウ平均株価が昨日2月14日(米国時)に年始の水準に戻りました。現在もダウ平均は上昇中です。
ダウ20180215 

ダウの犬
米国の有名な投資法に「ダウの犬」戦略というのがあります。ダウ30銘柄を配当率の高い順に並べて上位10銘柄に均等金額を投資するというものです。これにより1年間の成績はダウ平均を上回るパフォーマンスを得られることが多いことで知られています。

犬 

配当率が高いということは割安感が高いということでもあり、株価の安い「負け犬」という意味からダウの犬と命名されていますが、経営基盤が確かなダウ銘柄であればこそのバリュー作戦です。昨年であればボーイング、キャタピラーに投資した人は大きな利益を手にすることが出来ています。

今年のダウの犬と現在の成績
ダウの犬20180215  
今年の顔ぶれは以上のとおり。銘柄選定と順位は昨年末の数値を採用するのが一般的です。配当率は概ね3%を超えています。このメンバーで本年末にはダウ平均を超える可能性が高いということになります。

特に本年は最近の株価一斉下落で1月中に積み上がった含み益を全部振り落としてしまったわけですから、これらダウの犬たちは谷から這い上がってこれたのでしょうか?

ダウ平均が昨日年始水準を回復しましたが、ダウの犬全体の年始来リターンはー5.04%で大きく後れをとっています。

変動率が高かったもの上位5位とダウ平均の年始来のリターンを比べてみます。
ダウ犬20180214

ITネットワーク大手のシスコ(CSCO)はいったんはゼロ水準まで戻したものの10%近い上昇を見せています。本日の決算も良好でここから更に4%近い上昇を見せています。

【シスコ株価】
CSCO20180215.png 

エクソン・モービル(XOM)シェブロン(CVX)の石油メジャーは、期末決算が不調で株価を下げ、更に原油安も加わり他よりも大きく下げる状況となっています。共に配当利回りが4%水準にあり投資妙味があると云えます。

【原油価格】
原油先物021802015 

日用品大手のプロクター&ギャンブル(PG)は1月23日に発表した決算が不調。米税制改革関連で本国への資金還流(リパトリ)費用の計上や化粧品大手コティへの美容ブランド一部売却が重しとなり68%の減益となりました。特殊要因を除けば純益は予想値を上回っていたため今後の復調が期待できそうです。

【P&G株価】
PG20180215.png 

最後にゼネラル・エレクトリック(GE)ですが、配当金の半減と株価暴落1兆円超の赤字決算3兆円超の年金不足電力不振GE分社化・解体疑惑ダウ銘柄除外の懸念・・・悪材料の百貨店状態で株価回復の見込みは全くたたず・・・配当率が寂しく上昇中です。かつてGEホルダーだっただけに頑張って欲しい・・・

【GE株価】
GE20180215.png 

ダウの犬は、最近の一斉下落の谷から這い出し切れてはいませんが、昨年も出足は遅かったものの年末には18.1%のリターンを出しています。2018年も始まったばかりですので、これからの健闘に期待するところです。

それでは
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
02.15

混乱相場で買い悩む人はS&P500のコツコツ買いが一番!

Category: 試行錯誤
ゆきだるまです。

2月14日朝に労働省が発表した1月の消費者物価指数(CPI)が0.5%上昇(前月比・季節調整後)し、インフレ懸念が強まったことからNY市場は売り先行で始まりました。

【ダウ工業株価平均推移】
ダウ20180214 
2月初旬の大下落に較べれば相場のボラティリティは収束した感じがあるものの依然として値動きは小さくなく混乱相場にあるとは云えます。またダウ指数をみても1月水準までは回復していません

相場の先を見通せる投資家は別として、大方は買いを入れたいけれど、この中途半端な割安感に大枚を投じることに躊躇している人が多いのではないかと思います。

苦悩

すごく分かります。このまま回復基調に乗るなら今買わないといけないし、まだドカンと下げが来るなら待ちたいし、後で振り返った時に、この程度のリバウントで買い焦って大下げの時に弾切れになってしまうのは本当に悔しいですよね。

ゆきだるまも暴落待望論を掲げてガツンと資産を増やしたいなどと平時は考えてみてはいたものの、いざ下落相場が始まると何処で買ったら良いのかが非常に難しいということを実感しています。

誰もがバフェットやマンガーにはなれないのです。チャートは自分の意思で動いてはくれないので、タイミング投資をしようとすればするほどお地蔵さんになって動けなくなってしまうのです。

地蔵 
そこで、頭を切り替えて実践しているのがコレです。

ドルコスト平均法

こういう時は感情を排して自分を機械化・平準化するのも一つの手だと思います。定期に定額の買い増しを行うドルコスト平均法は、確率論的にはナンセンスだという意見もありますが、心理論的には非常に優れた方法だと思っています。

先は見えないながら買いモードにある相場です。ならば、一度に大金を投じず、小分けにして買い増していくのは、大負けと弾切れのリスクを低減し、様子見をしながらも停滞もしていないということは大きな前進です。

次に何を買うかということですが、小分けにして買うと手数料が掛ります。また個別株だと当り外れのリスクもあります。そこでお勧めしたいのがコレ。

S&P500など市場平均モノの投資信託

この一年くらいで投資信託の環境は格段に良くなりました。100円買い付けの誕生、経費率の大幅引下げ商品ラインナップの充実など投資信託の弱点が次々と克服されていき、正直を云うとドル建てで米国市場に直接参加しなくても円建ての投信で十分とさえ思ってしまう今日この頃です。

iFreeのS&P500かダウ30楽天VTI(全米株式)、楽天VT(全世界株式)

これらが超おススメです。何よりも投信は売買手数料が無料なので、買付額・買付回数を気にしなくて良いのが凄く良いです。

ゆきだるまは投資可能額を小分けにして楽天シリーズ(VT・VTI・VWO)の毎日買い付けを実践しています。前日よりも下げていたら買い付け額を多めにするなどひと工夫もしたりしています。

いずれ相場が収束してある程度の額が積み上がったら投信は解約してETFなどに乗り換えるつもりです。売却時に課税が発生しますが、このくらいはリスク回避コストだと思っています。

投信の更なるメリットは円建てで買い付けができることです。買い付け期間分の為替変動も織り込んでくれるので乗換時の為替ストレスもありません。2016年のブレクジッドの時も円高が夏から秋に掛けて暫く続きS&P500投信をコツコツ買い増したことで為替差益も大分載せることが出来ています。

ドルが円高106円台に突入しているので市場回復と為替のWターボも今なら狙えます。
SP500ドル・円比較 

投信は100円からでも買い付けが出来ますので、ナルホドと思われた方はS&P500投信のコツコツ買いを試してみてはいかがですか?

それでは
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
02.14

PFF(米国優先株ETF)から分配金、価格下落で光る高配当銘柄

高配当好きのゆきだるまです。

米国市場は再び売りが優勢に転じ不安定な値動きが続いています。そのような中でPFF(米国優先株式ETF)から2月分の分配金(1株0.19ドル・税込)がありました。

PFFの利回りは6%超水準へ

昨年は年間の分配金合計2.33ドル、この下落相場でPFF本体価額も下がっており現在の利回りは6%を超えました。

 分配金利回り6.3%=年分配金2.33ドル/現在価格36.9ドル

【PFF価格推移】
PFF価格20180213 

金利上昇局面で高配当銘柄は弱いか?

ウオールストリートジャーナルは、金利上昇局面ではディフェンシブ株は通用しないというコメントを出しました。つまり安全資産の債権で利回りが取れるのならリスクの高い株式離れが進むということです。

金利上昇予測から10年債の利回りが3%近くまで上昇しています。

下のチャートは高配当銘柄であるAT&TとPFF(米国優先株式)と10年債利回りの価格を比較したものです。AT&Tと10年債利回りには逆の相関関係がみられ債権利回りが上がると高配当銘柄は価格を落とす傾向にあります。

PFFも普段は値動きの少ないことで有名でしたが、下のチャートをご覧いただくと債権利回りとは微妙ながら逆相関の関係を形成しています。

【高配当銘柄と10年債利回りの価格推移】
PFFと10年債利回りとTの価格推移

ウオールストリートジャーナルにあるように高配当株から債権に乗り換えた方が良いのでしょうか?

それは逆です!

株価が下がると配当利回りは更に高くなります。キャピタルゲイン(価格差)を狙うのであれば不利ですが、インカムゲイン(配当)を狙う投資家にはまたとないチャンスです。AT&Tは配当利回り5%超えで、連続増配当歴34年の配当貴族です。価格が下がっても配当が減る心配がない最高の銘柄です。特に今回は好決算であったのに市場の一斉下落に引きずられて価格を下げているのでお得感が増しています。

PFFの分配金は減らないのか?

PFFについては2007年設定なので分配金のトラックレコードが少ないのが難点です。複数銘柄によるETFなので配当貴族の様に分配金が経年的に増加していくという性格のものではありません。

【分配金額の年額推移】 ※2007年は途中開始のため割愛
PFF分配金推移2008-2017年(年額)
【PFF価格の推移】
   PFF株価推移20171211
今回の下落前でも5.7%程度の利回りがあり、価格チャートの様に値動きが非常に少ないため5%台後半の分配金は安定して入っていたことになります。

PFFは2008年~2009年の金融危機で大きく価格を下げています。PFFは金融株を中心に構成されているため金融危機に直面して売りが殺到したものだと思われます。暴落前に較べて1/3程度まで落ち込んだ形になっており、PFFは金融危機に弱いというのが定評です。

それも逆です!

金融危機に直面しても分配金は減っていません。ウエルズ・ファーゴなど金融株は金融危機の時に真っ先に減配しており、本PFFにもウエルズ・ファーゴが組み込まれています。なぜPFFの分配金は減らないのか?

PFFが優先株の集合体だからです。

優先株とは議決権がない代わりに配当利回りが高い株式です。金融機関などは普通株式の発行が容易ではないので緊急で資金調達が必要な場合に優先株を発行するケースが多くなります。

優先株は誰が買うかというとまとまった資金を緊急で用立てられる大口投資家です。「バフェット・優先株」でぐぐると事例がざくざくと出てきます。リーマン・ショックの時にゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカ、ゼネラル・エレクトリックらの超メジャーがバフェット氏に泣きついて、優先株と引き換えに緊急の資金援助を得ています。

ゴールドマン・サックスについては、バフェット氏がアイスクリームをしゃぶりながら10%の利回りなら買ってやると言った逸話もあります。(参考)Market Hack記事

つまり普通株は減配できても、優先株は減配などできない代物なのです。例えばバフェット氏に対して神頼みの優先株を発行しておいて減配などしようものなら完全にアウトでしょう。他の発行先も大なり小なり同じだと思います。

だとすればリーマンの時に投げ売りした投資家は馬鹿を見たことになり、逆に底値で拾えていた人は利回り20%近いお宝をゲットできたことになります。

まとめ

金利上昇局面でPFF(米国優先株式)の価格が減少しており、分配金利回りが6%超えの水準にあります。

分配金は優先株式という減配されにくい性格を持っていることから安定した利回りが期待できます。ただし優先株は短期で買い戻されたり、普通株に転換されたりするためETFの組入れ状況により分配金の額は変動します。

普段は眠たいくらいに値動きが安定しているので、今回の価格下落はインカムゲインを狙う投資家にはチャンス到来だと考えています。

それでは
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
02.13

ジム・クレイマーに学ぶ「メガボトム(大底)」の見極め方

Category: 投資哲学
ゆきだるまです。

週が明け米国市場は買い一色で始まりました。50日線に向けて値を戻しています。
ダウ20180212 
これは調整の嵐は過ぎたのか、一時的なリバウンドなのか、気になるところです。

一斉の買いが入ると下落の時に「不安」になる気持ちと裏腹に買い遅れないか「焦る」気持ちが沸いてくるものです。大体こういうところで押し目を追っかけて買ったりすると再び逆落としにあったりして良いことがありません。

下落の底を一体どうやって知るか?

米国カリスマトレーダーのジム・クレイマー師の著書「株式投資大作戦」に実践を通じて得た経験が書かれているので簡単にご紹介したいと思います。

ジム・クレイマー 
ゆきだるまはこの本が大好きで、シーゲル博士の「株式投資の未来(赤本)」「株式投資(緑本)」が理論や戦略を学ぶ書であれば、ジム・クレイマー師の「株式投資大作戦」は投資の心構えや実技を学ぶ書として非常に役に立っています。

「株式投資大作戦」の8章に「株価の大底をこうして見極める」という章があります。

師はこれまでの20年間(2006年まで)4回のメガボトムを経験。①1987年のブラックマンデー、②1990年の第一次イラク戦争、③1998年のロングターム・キャピタルの破綻、④2002年~2003年のITバブル崩壊、これらの実践を通じて得たノウハウが記されています。

もし「あなたは何で食べていますか」と聞かれたら、私は株価のボトムを見抜く能力で食べているといいたい。株価はファンダメンタル価値に照らして不当に安すぎる水準まで売りたたかれる時がある。私はいつもそういう状況を狙って投資する。

ダメな例
・チャートを信じる
・証券会社アナリストの詐欺まがいのボトム宣言を鵜呑みにする

大底のシグナル
1 ニューヨークタイムズ指標
 市場の悲鳴がニューヨークタイムズの一面を飾ると悪材料は出尽くしたとみる。
2 インベスターズ・インテリジェンス指標
 同社発表のブル・ベア比率でベアが60%を以上になれば安全圏と判断できる。
3 株式投信の解約率の上昇
 毎週金曜日にAMGという組織が発表する数値で資金流出の度合を測る。
4 パニック度を測るVIX指標
 指数が40を上回ると市場全体がパニックに入ったことを示す。40を上回る状況が三週間目に入った頃が最高の買い場。30以下の時は見せかけのボトム、35になっても「出動」ではない。
5 需給のバランスを映すオシレータ
 オシレータのバランスが崩れた時、指標がマイナス5あるいはそれ以下は大きな買いのチャンス。

師はチャートなど不確実なものを頼りにせず、市場センチメントを徹底的に把握しろと主張しています。大底とは売る人と売るモノがなくなった状態、つまりトコトンまで売りつくされたかを如何に見極めるかが大事だと伝えています。売りのクライマックスは出来高が加速度的に上昇して終わるという現象でも分かると述べています。

シグナルの例は、日本では馴染みのないモノもあり全てを把握することはできませんが、VIXなどはデータとして直ぐに取れるので十分参考になります。今回はVIXも一瞬だけ40を超える場面もありましたが、VIXひとつとってみても、これが3週間続かないと真の大底には到達しないということです。

【VIX指標】
VIX20180212.png 
これから先、大きく売りぶつけてくる手合いがなければ、メガボトムまでは到達しそうにもないかもしれません。すると暫くはボラティリティが高いだけの相場が続く感じですね。

ジム・クレイマー師の「株式投資大作戦」は連休に読み返してみましたが、本当に良書なのを改めて実感しましたので、未だの方には是非ご一読をお勧めをいたします。

それでは
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
2018
02.12

【SPXS】下落相場で爆益を上げる劇薬銘柄

ゆきだるまです。

本日は祝日の月曜日。日本市場は休場でも米国市場は平常日です。先週に引き続き今週も怒涛の相場が吹き荒れそうです。

1月30日頃から始まった米国市場の一斉下落、トランプ氏の大統領当選以来、ずーっと上げ相場が続いてきたので平和慣れした人たちが悲鳴をあげました。

早々に売り抜けた人、爆損状態で狼狽売りした人、勇敢にナンピンした人、固まってしまった人、様々な人間模様が交錯しています。それでも下落時に利益を上げる人もいるわけです。

サーフィン 

下落相場で利益を上げられる貴重な銘柄がコレ!

SPXSDirexion Daily S&P 500 Bear 3X ETF

S&P500の逆数で3倍の値動きをするベア型レバレッジETFです。最近脚光を浴びているSPXLの逆神、下落相場でのみ活きる幽閉のモンスターです。

珍しくS&P500が下落したら大暴れ!(1月30日から2月6日の6営業日のチャート)
SPXS-SP500.png
S&P500が▼8.5%下落SPXSは+25.0%のリターンを叩きだしています。

しかし上げ相場になると全く逆に3倍の動きで値が落ちていくので、早く手じまわないと危険です。

【SPXS1年間買い持ち】
SPXS-SP500の1年
赤枠が今回の暴騰箇所で、残りの期間はS&P500の上昇と裏腹に3倍で値落ちを続けています。ちなみに赤枠に至るまでの1年間で▼50%の下落率でした。

【SPXS10年保有】
SPXS設定来
リーマンの時に暴騰したきりで、10年で▼99.6%の下落です。

下落率▼99.6%って、ほぼゼロ。買い持ちは絶対不可だと思いマス…それでもレバレッジETFだと信用取引と違って踏み上げやロスカット不全による無限責任に晒される危険性はありません。

日本では日経連動のベア型レバレッジ物とかは結構使う人があったりしますが、日本でSPXSが今ひとつ盛り上がっていないのはなぜでしょうか?

考えられる理由は3つで、
・米国市場は深夜のトレードになるので画面に張り付いていたくない。
・米国株は長期投資家(短期トレード卒業者)が多い
S&P500が下落することは稀なのでSPXSの存在自体が意識されにくい。

それでも今回の様に明らかな下落相場に直面した時は商品知識として持っていても良いかもしれません。



さて、
SPXS(ベア3倍)をご紹介したので、
対極
のSPXL(ブル3倍)にも触れておきます。

これはご存知のとおりS&P500の値動きに正数で3倍の値動きをするETFです。

【SPXLのチャート(先と同じ1月30日から2月6日の6営業日)】
SPXL-SP500.png

S&P500▼8.5%の下落に対し、SPXLは▼23.7%の下落

【SPXL10年保有】
SPXL長期保有
それでも10年間買い持ちしていると、これまでS&P500が192%の上昇に対し、今回の下落分を考慮してもSPXLは10年で1209%上昇しています

SPXSもSPXLも本来は短期トレード向きですが、SPXLは例外的に長期保有でリターンが見出せそうな銘柄であるため、ゆきだるまは宝くじ感覚で単品100ドル分を買っています。

(参考)【SPXL】S&P500ブル3倍ETFを購入

下落相場の今こそ超回復に向けて仕込みたい銘柄だと思っています。

最後にご注意ですが、2049VIXベアETNが一日で▼96%下落して繰上償還となってしまった事例もあり、信用・先物・レバレッジ物には想定外のトラブルも付き物です。SPXS&SPXLを利用の際は溶けても悔いのない金額に留めておいてくださいね。

それでは
 
▼1日1回応援のひと押しをいただけると大変励みになります!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
ブログ村のランキングサイトに移動します。

★Twitterも良ければフォローしてみてください★

Comment:0
back-to-top