2017
09.14

【回想】投資を始めてから変化があったこと

Category: 雑感
前略 ゆきだるまです。

日刊を改めたことで、少しのんびりとブログを書いてみようと思います。

皆さんは、投資を始めてから心境や身辺のことで何か変化がありましたでしょうか。私はこの二年弱で大きな変化がありましたので、それを綴ってみたいと思います。

MIYAZAKIDSC_2417_TP_V.jpg

まず第一に、経済に興味を持つようになったことが挙げられます。

仕事が技術系のため、この年になるまで経済を語る機会もなく過ごしてきました。ニュースで流れる話題も今思えばどこか他人事だった気がします。ところが身銭を切って株を買うと、急に色々なことがリアルになって、余りの不勉強さに愕然としつつも、素直な興味が沸いてきて勉強をするようになりました。これは結構、感動的な出来事でありまして、人間いくつになっても新鮮な気持ちで学べることはあって、人生もまだまだ捨てたものではないなと実感した次第です。

最初はチャートの上がり下がりを理解するためテクニカル分析の勉強などをしましたが、正直言って目の前で上下する相場に対峙する能力がないことが分かりました。元来が理屈っぽいところがあるので、ファンダメンタル分析の方が面白いと思うようになったわけです。とはいいながらも、決算書ひとつ読み方が分からないので、独学をしてみたり他人の受け売りをして知識を増やしていっているのが実態です。

そして、株主というものになってみると、投資額は少ないながらも会社の経営が非常に気になる。投資の第一目的がリターンですから、利益が拡大していく見込みがあるのか、組織運営は効率的に行われているのか、今の仕事とは全く別次元の経営者的発想を持つようになったのが意外でもあります。


二つ目の変化は、節約をするようになったことです。

CAT9V9A9145_TP_V.jpg

我が家では家計の管理は上さんが一手に行っており、私の自由にできるお金は月々の小遣いだけです。これまで小遣いを貯めるという発想も習慣もなかったので、あるだけ使って月末にはすっからかんという生活でした。たまに大きな買い物をしたくなると渋面の上さんを口説いていた有様です。

今思えば、本当に無駄なものにお金を使ってきました。敢えて高額なものを選ぶ趣味の道具、歩けば良いのに交通機関の利用、昼夜の外食と呑み会、おやつの類、買ったのに手もつけない本やDVD、衝動買いに近いガラクタ集め・・・

ところが投資をはじめてみると、何とかして投資資金を捻出したいと思うようになるもの。また少ないながらに配当金が出ると再投資に回したり、毎日チャートを眺めて株価の成長を追っていると無駄遣いは自然と改まるようになりました。確実な投資といわれるS&P500指数への投資でも、一日に直すと平均で0.05%程度の非常にゆっくりとした成長なのです。

節約の意識づけに役立ったのが、エクセルを使っての投資記録簿の作成でした。成長の過程を客観的に見たいと思って、両替から株の売買、配当金の受領に至るまで詳細に記録をつけています。お小遣い帳に似ていて資金全体を掌握するようになると収入の最大化、支出の最小化の思考が身につきました。

最近はやりの「末路本」にあるように、宝くじで一億円当たった人間の末路は、不意の大金獲得で人生を狂わせる人が非常に多いとか。苦労せずに得たお金は無くなるのも早いものです。

一方で長期にわたって投資を行ってきた人は、お金の大切さを知っているので、同じ一億円を手にしても浪費したりなどはしないでしょう。ウオーレン・バフェット氏を始め、真の投資家と呼ばれる方々の生活は本当に質素です。私も倹約ぶりでは偉大な投資家の仲間入りが出来るところまで浪費癖が改まったように感じています。


最後、三つ目の変化はブログを書くようになったことです。

PAK85_Blogcc20141206203244_TP_V.jpg

投資というのは孤独な趣味です。私の場合、家族や職場の同僚とは決して語り合えない環境にあります。そんな寂しさを紛らしてくれたのがブログの世界でした。私と同じ境遇の方々がいかに多いことか。元来が面倒くさがりで筆不精な者がブログの世界に入っていったのも共感をより強く得たかったからです。

投資スタイルは人それぞれです。私も投資記録簿をつけたり自分なりの投資手法を実践したりしていると、どうしてもそれをお披露目したくなる、そして同好の士からご意見をいただきたくなる、こうした現実世界では得られないネット上のコミュニケーションに深く耽溺している次第であります。

これまでは日刊を目指して書き散らしてきましたが、これからは投資日記的にブログを綴っていくことが出来たらと考えています。


以上、長くなりましたがお付き合いありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

Comment:0
2017
09.12

【戦略転換】休むも相場なり

Category: 投資方針
ゆきだるまです。

kazuhiro17810008_TP_V.jpg

今年のNISA枠を使い切ったので、来年に向けて少し戦略を変えてみます。

正直いうと来年の資金調達は今年よりも厳しくなります。原資の小遣いが増える訳もなく、日々の節約のにも限界があるからです。どうしたら良いかというと、手持ちの資金を増やすしかありません。

幸いにして年末までの小遣いや配当金が財源として見込めます。投資信託を活用した日々の少額貯金は続ける傍らで、少し現金(ドル)を増やしていこうと思っています。

巷では株価の調整局面の到来が噂をされています。大幅下落の波が年内に来るなら、それに乗って行こうと思います。手数料はかかりますが、とりあえず今年は特定口座で買っておいて来年中にNISAに乗り換えるという戦法です。

買ってから更に株価が下落すると悲惨なので、超優良高配当銘柄を対象にします。そうすれば、株価が回復しなくても配当金である程度はカバーできるからです。

先に完成した2017年のNISA玉も大きな損害を受けますが、これはホッタラカしておくしかありません。NISAは当該年で完結してしまうため、後年のナンピン配当再投資で保有株価を下げることができないからです。

大型の調整局面が来なければ、来年買付けのための現金(ドル)を粛々と蓄積させていくだけです。


【お知らせ】

このブログは本年2月19日から今日まで毎日更新してきました。通算206号です。このたび相場をお休みするとともにブログの更新頻度も見直します。大体週2回(中日と週末)を基本に、書きたいことがあれば不定期に発信します。これまで締切に追われるように短編のブログを刹那的に書き連ねてきましたが、これを機会に少し落ち着いて長めのモノも書いてみたいと思います。

ツイッターでブログの更新情報などを流しますので、ぜひフォローしてみてください!

Twitter:ゆきだるま@試行錯誤の投資生活

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

Comment:0
2017
09.11

【2017年NISA】実配当利回り3.8%の雪だるま完成

Category: 運用状況
ゆきだるまです。

9月8日金曜日夜にAT&T51株を買って今年のNISA枠を使い切りました。
時価総額9,588ドル米国株式雪だるまの完成です。

この雪だるまの名目配当利回りは4.2%、税引き後の実質配当利回りは3.8%です。資産構成20170908 
株価的には投資額9,755ドルに対して時価では雪だるまの大きさが1.7%縮んだ形になります。NISAは年単位で構成されるためこれ以上追加投資することはできません。自力で時価総額と配当が大きくなるのを見守るだけになります。

NISAの隠れた効用としては年間120万円の枠を使い切る義務感にかられます。私のような少額投資家は四苦八苦して自ら課した義務に則って資金調達をしてきました。

隠れた効用の2つ目として、NISAで使える枠は一度限りなので、買った銘柄はホールドしていようという気持になります。そのため、無駄な売買をせずに済んでいます。

更にマネックス証券のNISAでは米国株の買付け手数料がキャッシュバックとなります。買付け手数料だけで103ドルかかっていますので、投資額に対して1.1%の節約となっています。配当金に関しても日本国内税の20.315%は非課税(米国内10%課税は発生)となりますので良いことづくめです。

これから先、年間4%近い配当がこの雪だるまから産まれてくると思うとワクワクしますね。

2018年は新しいNISA枠が割り当てられるので、新春から新たな雪だるまを拵えることになります。今年はポートフォリオの均等配分を目指してみましたが予定どおりにはいかず、これから年が経つにつれて配分はますます不均衡になっていくので、来年は来年で買い方を考えていこうと思っています。

それでは

Twitterを始めましたのでフォローしていただけると嬉しいです!

 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

Comment:0
2017
09.10

【衝動買い】AT&T増し増しで!!

Category: 【T】AT&T
ゆきだるまです。

うーん、昨夜AT&Tを35.58ドルで買い増してしまいました。
本当はPFF(米国優先株式ETF)を買うはずだったのに・・・
T指値20170908 

それも11株という半端な数・・・

11株でNISAの残り枠がピッタリ使い切りだったんですよね。
 398.40ドル(NISA残枠)÷35.58(T株価)ー5.4ドル(手数料)=11株 余り1.62ドル

時価ベースでの配当率がPFF(米国優先株式ETF)を超えてたんですよね。
 AT&Tの配当率5.51% > PFFの分配率5.16%(経費率除く)

保有平均株価ベースでの配当利回りが5%超えたんですよね。
 新配当利回り5.06% > 従来の配当利回り4.96%

だから今回もAT&Tを買い増ししました。

年初から買付けを始めて安値、安値のたびに拾ってきた変遷です。
T2017年株購入推移 

AT&T社の株って、このところ36ドル~42ドルで行ったり来たりしている感じです。元々が成長に乏しい高配当株なので、安値圏に入ったらガツンと買っておきたい。リーマンショックにも耐えて増配当を続けている配当貴族様なので、これからも減配のおそれがなければ安値歓迎です!

今年のNISA枠120万円分はこれで使い切ってしまったので、次の戦略を考えていきます。

それでは

追伸:Twitterでブログ更新のお知らせ始めました!
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

Comment:0
2017
09.09

【北朝鮮有事】身がまえよ、されど株は手放すな!

Category: 投資哲学
ゆきだるまです。

北朝鮮は9月9日(日本時間本日)に建国記念日を迎えます。今日がXデーと噂されるのは、過去に5回の核実験を実行した経緯があり、核と並んで開発に注力する大陸間弾道弾(ICBM)発射など、兆発による実力誇示をする可能性が大きいからです。

北朝鮮は、既に広島型原子爆弾の10倍以上の威力をもつ核弾頭を持ち、米国本土に到達するミサイルの開発を終えているとの噂もあります。8月10日に4発のミサイル(火星12)をグアム沖30~40キロメートルの公海に着弾させる計画を発表。金正恩委員長は「米国の出方を見守る」としてきましたが、9日建国記念日に実行すれば、米国に屈しない姿勢が高まり金正恩氏の一層の権威づけが図られます。

トランプ米大統領は7日「できれば軍事力を使いたくない。北朝鮮にも悲しい日になるだろう。」と軍事行動をほのめかし、北朝鮮に警告をしました。

かつての米ソ冷戦を思わせる応酬に国際社会も緊張が高まり、市場もリスクオフの姿勢が強まっています。安全資産である円が買われ、恐怖指数(VIX)も上昇中です。

【ドル円相場】
チャート画像

【VIX恐怖指数】
VIX株価20170908 

有事の際は利益確保のための「売り」が進みますが、持ち株を手放すべきではありません。緊張が緩和すれば市場は回復しますし、不幸にして有事に突入した場合、株は更に大きく売られますが、その後は物資調達や復興などにより企業収益が上がるからです。何よりも事後にインフレとなった場合に株が有力資産となります。そのため過去の経験から、有事の際こそ株は「買い」だと云われています。

もちろん自分や企業が無事であることが前提ではあります。

日本は北朝鮮と米国に地勢的に挟まれていますし、米軍基地もありますので有事に至らないことを願うばかりです。

それでは
 
ランキングサイトへ移動
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
▲ひと押しいただけるとポイントが上がるので大変励みになります!

Comment:0
back-to-top